麦の芽福祉会の目指すもの(理念)




1.全ライフステージにわたって豊かな生活をおくれる地域づくり
  • 障害乳幼児から高齢障害者まで,そしてその家族の人々が,地域の中で安心して,しかも豊かに暮らせる地域づくりをめざします。


2.ライフスタイルごとに必要なさまざまな援助サービスが総合的に受けられる在宅福祉づくり
  • 在宅か福祉かの選択でなく,希望するすべての人が在宅しつつ施設のサービスを受けることができ,地域の中で活動できる制度の充実をめざします。


3.生活や仕事や発達援助の拠点としての,また地域に開かれ,地域に支えられた施設づくり
  • 障害児・者や高齢者の生活や活動の拠点としての施設,地域に開かれ,地域と連携する施設をめざします。


4.子ども,仲間,親,職員,ボランティアそして関係するすべての人々がともに成長できる広い意味での教育システムづくり
  • 麦の芽福祉会が永続的に発展できる基礎は,世界や日本の福祉の動向に敏感であり、自らのあり方を模索しつづけ,ともに意見を深めるところにあります。


5.一人一人の力,集団の力,地域の力を豊かにするような新たな福祉事業や実践づくり
  • 制度にある福祉事業も大切にしながら,制度にない新しい福祉事業も,そのあり方も含めつつ大胆に挑戦していきます。